【新元号】
~カレンダー編~

 

みなさん。こんにちは。
暦生活の清水です。

ついに、新元号の発表がせまってきましたね。
時代がかわる、歴史的な瞬間がおとずれようとしています。

そんななか、暦生活を運営している新日本カレンダーでは、きたる新元号に対してどのような準備をしているか、簡単に書いてみました。

新日本カレンダーは、名前のとおり、カレンダーをつくっている会社です。いつもなら、次の年のカレンダーは1年前の1月にはデザインが完成し、製造が開始されます。

例えば、2018年のカレンダーなら、2016年に制作作業に入り、2017年1月にはデザインのデータが完成、印刷開始という流れです。

2019年は5月に改元があり、発表される4月1日まで次の元号がわからないので、2020年の元号入りのカレンダーを作ろうとすると、かなり厳しいスケジュールになります。

 

 

新しい元号の入ったカレンダーは、4月1日の発表と同時に、急いで製造をスタートします。

間違いのない正確なカレンダーを、遅れないようにお届けするために、カレンダーの企画、校正、デザイン、製造が万全の体制で準備しています。

また、5月の改元に合わせ、記念商品も企画しています。

カレンダー、クリアファイル、ステッカー、うちわなどなど。

 

 

発表まで、あと2日。
無事、みなさまにカレンダーをお届けできますように。