春の景色を楽しもう。優しい雨と桃の節句
二十四節気【雨水】

雨水

こんにちは。暦生活の下滝です。

薄手のコートで十分に感じるほど暖かな日が続いたかと思えば、また少し寒くなり、その繰り返しで春の足音が少しずつ近づいているのを感じます。
爽快な青空とは言えませんが、晴れた日の薄水色のやさしい空の色を見ていると、ほのぼのとした優しい気持ちになりますね。

2月19日から3月5日までは二十四節気の「雨水(うすい)」。
降り積もっていた雪や氷がとけて水になり、降る雪も雨に変わるという意味があります。

雨水

あたたかな日差しに草木も緑の芽をつけ始め、恵みの雨によって土が潤い柔らかくなるため、昔から畑仕事の準備はこの時期を目安に始められていました。

冬から春にかけて、思い出したように時折降る最後の雪は「忘れ雪」「雪の果て」とも呼ばれるそう。少し寂しい響きが、冬を惜しみつつ春に向かう名残惜しいような気持ちを代弁してくれているようです。

そんな雪に変わって、しっとりとした春の雨が大気を包み込むと、霧やもやが山々にかかり、どこか幻のような美しい景色を見せてくれます。こうした春に現れる霧を「霞(かすみ)」と呼びます。この季節ならではの風情ある眺めを楽しむのも素敵ですね。

雨水

 

そして、この時期の大きな行事としては女の子の健やかな成長を願う「桃の節句」があります。

「ひな祭り」として親しまれていますが、もともとは中国の「上巳(じょうし)の節句」というもので、邪気が多いとされる三月最初の巳の日に災いを除け、健康を祈る行事だったそう。

雨水

江戸時代に入り、ひな人形を飾ってお祝いする今の形になりました。
ひな人形は早く飾って早く片付けるのが良いとされていて、早くしまわないと嫁入りが遅れるという言い伝えもありますが、それはかつて「流し雛」といって、紙の人形に穢れや災いをたくして川に流したことが由来しているそうです。

ひな人形にお供えする品としては、菱餅(ひしもち)や雛あられがあります。

菱餅は伸し餅を菱形に切ったもので、上から順に三色の赤、白、緑に重ねられています。
「赤」には解毒作用のあるくちなし、「白」には血圧を下げる効果のある菱の実、「緑」には増血作用のある蓬が使われていて、健康を願った縁起物とされています。

そのほかにも、「赤」は桃の花を表して魔よけ、「白」は残り雪を表して純潔、「緑」は春の芽吹きを表して健康と長寿などの意味合いもあるそうです。

可愛らしい見た目にもいろいろな意味や願いが込められていることを知ると、いただくときにも神妙な気持ちになりますね。

雨水

雛あられはそんな菱餅が転じたものとも言われています。関東では甘い、関西ではしょっぱいなど味の違いもあるそうです。

春の節句には縁起物として蛤(はまぐり)のお吸い物やちらし寿司を食べ、桃のお酒や甘い白酒をいただきます。

蛤は対になっている貝でないとぴったり合わないため、夫婦円満や幸せな結婚を願って食べられるようになったそうです。ちらし寿司は長寿の海老などの縁起の良い具材から定番になったとか。

雨水

桃のお酒は桃の花を浸した酒で、古代中国では桃を邪気を祓う木としていたため、桃の節句に飲むと百病を除くといわれています。
白酒はみりんに蒸した米やこうじを混ぜて熟成させたもので、白く濁った甘みが強いお酒です。桃のお酒と合わせて紅白でめでたいものとされていたり、邪気を祓うとされています。

春に行われる華やかな行事は目に鮮やかで、様々な意味合いを含んでいます。こうした行事を心の隅に留めているだけでも、彩り豊かな春の気配に包まれている気がしませんか?

去年は気が付いたら終わっていたな、という方も、今年は是非、その意味合いごと雛祭りや春の景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

雨水