お裁縫の神様にお願いごと
【針供養】

針供養

こんにちは。暦生活の下滝です。
突然ですが、皆さんは「針供養(はりくよう)」という言葉を聞いたことがありますか?

私は恥ずかしながら、何のことかよくわからず、聞いたことがあるようなないような…。
「針」って付くから、お裁縫の針を供養するのかな?という漠然としたイメージを抱いていました。

針供養

12月8日、もしくは2月8日には「針供養」という行事が行われます。
※関東では一般的に2月8日に行われます。

言葉からのイメージ通り、針を供養するのですが、その様子はなかなかインパクトがあります。
それは、折れた針や古い針を、お豆腐やこんにゃくといったやわらかいものに刺して供養するため。

針を休ませてあげるようにお豆腐に刺す様子からは、頑張ってくれた針に対して気遣うような優しい感謝の気持ちが感じられて、「針=とがっていて危険なもの、危ないもの、痛いもの」という認識を改めさせてくれるような気がします。

江戸時代にはじまったこの行事は、折れた針を供養して神社に納めたり、川に流したりしてお裁縫の上達を願うというもの。
現在は出来上がっている洋服を購入したり、簡単にミシンを使ってお裁縫をするご家庭が多いと思いますが、当時はちょっとした繕い物などの針仕事は日常的に行われるものでした。

針供養

12月8日、2月8日は「事八日(ことようか)」ともいい、何事も慎む日とされていたため、針仕事を休んで折れた針を「淡島様」という裁縫の神様にお供えし、裁縫の上達を祈りました。

今では針仕事をする人も少なくなり、洋・和裁学校の関係者や、服飾系の職人、鍼灸師、畳職人といった職業の人たちが古い針を納めることが多いそう。

面白い見解としては、お豆腐が使われるのは豆腐のように色白の美人になるように、柔らかい気持ちになれるように願ったためというものもあるそうです。針を供養しながらちいさなお願いをする人々の姿を想像すると、なんだか微笑ましい気持ちになりますね。

もし、「古くなった針を針山に刺しっぱなしだったかも」、「裁縫道具をそろそろ整頓したい」なんて方がいらっしゃいましたら、この機会にお願いごとをしながら「針供養」に参加してみてはいかがでしょうか?

針供養