【新しい日めくりを作ろう】「月と暦日めくりカレンダー」制作秘話

こんにちは。暦生活の細川です。

そろそろ年末ということではじまったカレンダー紹介の連載ですが、今回は個人的に一番思い入れのある「月と暦日めくりカレンダー」の制作秘話をご紹介したいと思います。

月と暦日めくりカレンダーは、2019年版で制作5年目を迎えます。
毎年少しずつ販売数量を伸ばし、SNSでも「今年も使っています」「めくるのが楽しみ」という嬉しい声を見かけることが多くなりました。
本当にありがとうございます。

 

新しい日めくりカレンダーを作ろう

僕は日めくりカレンダーをめくって育った世代ではありませんが、昔は日めくりカレンダーというとどこの家にもかけてあり、毎朝めくるのが日課だったという方もたくさんいらっしゃると思います。

カレンダーメーカーである新日本カレンダーに入社し、日めくりカレンダーが一気に身近なものになりましたが、世の中はスマートフォンの普及にともない、日付をカレンダーで確認するということが少なくなりました。特に、日めくりカレンダーは年々その姿を消しつつあります。

「日めくりカレンダーはめくるのが面倒臭い」
「10日分くらい一気にめくっちゃう」

お客さんと話をしていると、そんな声もちらほら聞こえてきます。日めくりカレンダーの辿るであろう行く末を思うと、少し不安で、さみしい気持ちになりました。

そんな状況の中、日めくりカレンダーの魅力をもっとたくさんの人に知ってもらうべく、「気軽で楽しい、これまでになかった新しい日めくりを作ろう」という企画がスタートし、制作チームが作られました。

 

毎日「めくりたくなる」暦のミニコラム

日めくりカレンダーの抱えている課題は、やはり「めくるのが面倒臭い」こと。
でも、毎日めくるのが楽しみになるような内容だったら、めくれるんじゃないか?と思い、知っているようで知らない「日本の伝統行事」や「旬の食べ物」、「日本の美しい季節の言葉」を記載することにしました。知らなかったことを知ることって、やっぱり楽しいと思うんです。
時間がなくて忙しい朝でも読みやすいように、なるべく短い言葉で説明文を書きました。

この暦のミニコラム、初年度に作ったときは毎日掲載されているわけではありませんでした。発売後、お客様からの「毎日見たい」という声をいただき、2年目から毎日掲載することになりました。

 

日めくりカレンダーに月の満ち欠けを載せたい!

月と暦日めくりカレンダーの一番の特徴は「毎日の月の満ち欠け」が大きく掲載されていること。その日の空に浮かぶ月の形がわかるようになっています。

日本では昔は月の満ち欠けによる暦を使っていたので、カレンダーと月は親和性があり、魅力的な要素だと感じました。僕も、月が満ち欠けしているのは小学校で習って知っているけれど、毎日ちゃんと満ち欠けを繰り返しているのだなぁと本当に感じられたのは、この日めくりカレンダーを作ってからでした。

制作中、仕事を終えて家に帰るまでの道、夜空を見上げるのが少し楽しみになりました。「あっ、やっぱり今日はこの形なんだ」「明日が満月なんだ」そんな小さなことですが、なんだか嬉しくて、同じように感じてもらえたらいいなぁと思い、「月の満ち欠け」を中心に大きくデザインすることにしました。

 

どこでも楽しめる星空の台座

日めくりカレンダーのもうひとつの課題は、「家の壁にかけられないこと」。
僕の住んでいるマンションもそうですが、壁に絵や写真などをかけたいと思っても、穴は空けられないし、粘着性のテープを使うと壁紙がはがれないか心配で、なかなか踏み切れないのが現状です。でも従来の日めくりカレンダーは、やっぱり画鋲や釘で壁に穴を開けてかける作りになっていました。

持ち家だと、えいっと穴も空けられそうな気もしますが、そうでない方にも日めくりカレンダーを気軽に使っていただきたいと思い、机の上や玄関の靴箱の上に置けるように台座を作ることにしました。

その台座も、普通の紙じゃ面白くない。
月と似合う満天の星空のようにキラキラ光る美しい紙を選び、作ることにしました。

 

ツイッターで、より楽しめる日めくりカレンダーへ

そうしてできた「月と暦日めくりカレンダー」は、ありがたいことに初年度から完売し、毎年少しずつ暦のミニコラムの内容を変えながら、作り続けることができています。

発売とほぼ同時期にはじまった暦生活のツイッターでは、毎朝めくった日めくりの写真と、書かれている暦のミニコラムの内容がよりイメージしやすくなるような写真が投稿されています。

月と暦日めくりカレンダーは印刷物で、スペース的にも写真を載せることができなかったので、自由度の高いWebやSNSと連動し、もっと楽しめる商品にしたいという思いから、始まりました。

ありがたいことに、ツイッターのフォロワーは13万人を超え、月と暦日めくりカレンダーに寄せられる声も年々増えてきています。ひとつひとつ寄せられた声を読んでいると、「季節の一言がお気に入り♪」や「息子が毎日の月の満ち欠けを楽しみにしています」「一日一日を大切にしようと思わせてくれる」などの嬉しい声がたくさんあって、とても励まされています。ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

来年はどんな内容がいいかな?そろそろアップデートしてもいいかな?
そんなことを考えながら、この制作秘話を書きました。
ぜひ来年も「月と暦日めくりカレンダー」をお使いいただけると嬉しいです。

 

■月と暦日めくりカレンダー2019 特設ページ
https://www.543life.com/tsukino/tsukitokoyomi2019.html

■暦生活のお店(お買い物)
https://543life.net/?pid=134897576