健やかに育ってくれて、ありがとう。
【七五三】

七五三

こんにちは。暦生活の下滝です。
11月7日に「立冬」を迎え、肌寒い日にはマフラーを巻いている方も見かけるようになってきました。
職場も慌ただしく、年末に向けてもうひと頑張りといった空気に街中が包まれている気がします。

駆けていくように感じられる毎日ですが、11月半ばには大切なイベントが控えています。
もう行われた方もいらっしゃるかもしれませんが、11月15日は「七五三」です。

みなさんは「七五三」という行事にどんな意味が込められているのかご存知ですか?
小さい子が着物を着てお参りする行事というイメージはあっても、詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。

今回は11月の暦のイベント「七五三」についてご紹介します。

七五三

 

改めて、「七五三」ってどんな行事?

「七五三(しちごさん)」その名の通りの数字を指すこの行事は、子供の成長を祝って、節目の年に行われます。皆さんも幼い頃に体験したり、お子様がいる方は準備をされているかもしれませんね。

なぜ「7・5・3」の奇数なのか?という疑問が浮かぶ呼び名ですが、これは奇数を縁起のよい数と考えた中国思想の影響とされています。

数え年で3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子の健康と成長に感謝して氏神様にお参りします。本来は厄除けのお参りの意味がありました。
年齢によってすこしずつ意味合いが異なりますので簡単にご紹介していきます。

 

●男女共に3歳

七五三

昔は「髪置き(かみおき)の祝い」と呼ばれていたそう。昔の赤ちゃんは基本的にみんな坊主頭にそられていたため、このお祝いをして初めて赤ん坊ではなくなるとされ、髪を伸ばしました。
髪を“置く”という表現が面白いですね。

 

●男の子 5歳

七五三

「袴着(はかまぎ)の祝い」といって、初めて袴をはいてお祝いします。
羽織と袴を身に着けて、男として社会の一員になるという意味があります。

 

●女の子 7歳

七五三

「帯解き(おびとき)の祝い」といい、それまで身に着けるものとされていた紐付きの着物から、初めて丸帯という大人の女性と同じ帯をしめて装います。
「紐解きの祝い」とも呼ばれ、子供から一人前の人間になったと社会に認められるお祝いになります。

 

いつお祝いするの?

「七五三」は基本的に11月15日に行われます。

その理由としては、

●この日は二十八宿(にじゅうはっしゅく)の鬼宿日(きしゅくにち)という鬼が出歩かない日とされることから、祝い事に最適な日として選ばれたため。

●11月は秋の実りを産土神・氏神に感謝する月とされていて、旧暦11月15日は必ず満月になるため、収穫の祈りとともに子供の成長を感謝して祈りをささげたため。

の二つの説が有力とされています。
寒い地域では子供が寒さで病気になってはいけないと1ヶ月早めて行うそうです。

七五三

 

願いのこもった「千歳飴」

七五三と言えば、「千歳飴」が定番ですよね。
長い紙袋を大変そうに持っている姿も可愛らしくて微笑ましいのですが、この「千歳飴」にも意味があります。

細長く伸ばした紅白の飴は、江戸時代に「千年飴」といって売り出されたものがはじまりだそうです。
昔は子供が栄養不足や病気などで死んでしまうことも多かったため、元気に育つようにとお祈りし、成長を祝いました。

七五三

長く伸びる飴には、親から子への長生きしてほしいという長寿の願いが込められています。
袋のデザインにも、健康や力強さを願って「松竹梅」や長寿を祈って「鶴と亀」が多いそう。

七五三

 

いかがでしたか?
あなたの地元の神社でもきっと「七五三」が行われているはず。
初々しい笑顔で晴れ着に身を包んだ子供たちに出会うと、それだけで元気をもらえる気がします。

久しぶりにアルバムを開いて、自分はどんな晴れ着を着ていたのかなと思い出してみたり、過去に祝ってもらったことを振り返りながら、ご家族で思い出話に花を咲かせてみてはいかがでしょうか?

七五三