冬のはじまり、はじまり。
二十四節気【立冬】

こんにちは。暦生活の細川です。

日に日に寒くなってきて、毎朝なかなか布団から抜け出せませんね。目覚まし時計のスヌーズ機能になんども起こされる始末…。
通勤中に感じる風も、少し身震いしてしまうほど冷たくなってきました。

それもそのはず、今日から暦のうえでは冬のはじまり「立冬(りっとう)」となりました。

「立冬」は1年を24等分した「二十四節気」という季節のひとつ。「立」という字には「季節のはじまり」という意味があり、「立冬」は冬のはじまりの季節です。今年は11月7日(水)から11月21日(水)までが「立冬」にあたります。

秋刀魚を食べたり、染まり始めた紅葉を見に行ったり、ちょうど「秋だなぁ」と感じていたところでしたが、もうすぐそばに冬がやってきていました。

 

山茶花の花が咲きはじめるころ。

「立冬」は、さらに3つの細かい季節にわけることができます。
それぞれにその季節をよくあらわした綺麗な名前がついています。

◯山茶始開(つばきはじめてひらく)
◯地始凍(ちはじめてこおる)
◯金盞香(きんせんかさく)

これらの季節は、1年を72の季節にわけた「七十二候(しちじゅうにこう)」と呼ばれます。詳細についてはここでは書きませんが、「立冬」のはじまりは「山茶始開(つばきはじめてひらく)」という季節のはじまりでもあります。

さて、この「山茶始開」、読み方は「つばき」となっていますが、じつは「山茶花(さざんか)」の花が咲き始めるころという意味です。
冬に咲く花は少なく、枯葉などの落ち着いた色が多い中で、山茶花の鮮やかな色は冬景色に彩をくわえてくれる貴重な存在です。

そして、他の2つの七十二候「地始凍(ちはじめてこおる)」「金盞香(きんせんかさく)」を見てみると、冬の花が咲き始めたり、地面が少しずつ凍ってきたりする季節だとわかります。

こうやって季節の名前を知ると、「冬がやってくる」という実感がわきませんか?

「寒いのは苦手なのです…」「冬眠したいです…」という方も多いと思いますが、寒いからこそ雪が降り、銀色の美しい雪景色を見ることができたり、スキーや雪合戦などの雪遊びができたり。
あとは、お鍋が美味しかったり(笑)。
冬には冬ならではの楽しみがたくさんあります。

本格的な冬になるのはまだまだこれからなので、セーターを出したりお歳暮の準備をしたり、今から少しずつ冬の暮らしに備えていきたいですね。

季節は日ごと進んでいて、今年も冬がやってきました。
冬のはじまり、はじまり。