形を変えながら続いていく。
「ハッピー ハロウィン」!

こんにちは。暦生活の細川です。

10月31日(水)はハロウィンですね。
街中ではハロウィンの仮装アイテムやお菓子、お店のディスプレイなどどこにいってもハロウィン一色で、日本のハロウィンに対する期待感というか、熱量をビシビシ感じます。

僕が働く会社(新日本カレンダー株式会社といいます)は、大阪の玉造(たまつくり)というところにあります。仕事帰り、大阪駅に乗り換えのため立ち寄ると、ハロウィンのイベントで毎年大盛り上がりの「ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)」から帰ってきたお客さんとよく出会います。

みんなミニオンの仮装をしている気がする。それも家族や友達、なかには恋人同士で。

ときどき、ゾンビメイクをした女の子に出会って、ドキッとすることもあります。

そんな風に、みなさん思い思いの仮装をして、ハロウィンの持つ独特の「非日常」を楽しんでいると思いますが、そもそも「ハロウィン」とは、何なのでしょうか…?

少し調べてみると面白かったので、ご紹介します。よければぜひぜひ。

 

仮装して悪霊を追い払おう!

「ハロウィン」とはカトリック教会の祝日のひとつ「諸聖人の日」の前夜祭のことで、 古代ケルト人の風習が起源とされています。
「諸聖人の日」とは、すべての聖人と殉教者を記念する日のこと。

「ハロウィン」の語源も、「諸聖人の日の前夜」を意味する「All Hallow’s Even」が短縮された「Halloween」になっています。

古代ケルトでは、11月1日に暦が変わり、新年になることから、前日の10月31日(今のハロウィンの日)の節目には秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えする習わしがありました。
日本でいう、お盆のような行事ですね。

ところが、その夜悪霊も一緒にやって来て、人間に悪さをすると考えられていました。
そこで、仮装をしたり魔除けの焚き火をしたりして、悪霊を驚かせて追い払おうという風習ができました。

 

形を変えながら続いていく古代の風習

やがてこの風習がヨーロッパからアメリカに伝わり、おばけや魔女に仮装した子どもが「トリック・オア・トリート!(お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ)」と家々をまわり、その家の人は「ハッピー・ハロウィーン!」と子どもたちにお菓子を渡す民間イベントへと変わりました。

さらに、アメリカから日本に伝わり、おばけや魔女だけでなく、ディズニーの人気キャラクターやゾンビ、アニメの登場人物など様々な仮装をして、パレードやパーティーを楽しむようになりました。

海を渡り、たくさんの人たちの手によってアレンジを加えられつつも、今も続いている古代の風習。

遠く離れた地にいる現代の日本人が、ハロウィンの仮装をして楽しんでいると知ると古代ケルト人はとても驚くでしょうね。

今年も、みなさんにとって楽しい楽しいハロウィンになりますように。

 

オマケ

ハロウィンといえば、カボチャをくり抜き作る「ジャック・オー・ランタン」。
実はもともとカボチャではなく、カブをくり抜き作られたものでした。
ハロウィンがアメリカに伝わった際、馴染みのないカブではなく、たくさん収穫されていたカボチャを使い始めたのが、そのまま日本に伝わったそうです。